top of page
検索

エターナルレッド

eternal RED

フェルケール博物館展示


「eternalRED」展示風景-@フェルケール博物館(清水港湾博物館)

フェルケール博物館での企画展、eternal RED(エターナルレッド)について。


eternal とは、永遠の、永続的な、の意。

REDは命。生の血の赤であり、命の炎の色。あか。

この世に生を受ける赤子の、赤。 博物館で美術の展示。お声がけいただき叶ったとはいえ、このDMがないと有料展示となってしまうため、実験的な試みだった。



2023年 8月1日(火)〜 9月30日(土)9時30分〜16時30分

フェルケール博物館1F ギャラリースペース

静岡市清水区港町2-8-11 被写体は曼珠沙華。 彼岸に合わせるかのように咲く、通称彼岸花。

百合のように美しいが、その通称から縁起が悪いと思われてしまう悲しい花だ。



赤が咆哮するかのように、命を燃やして咲く花。





生きるとは、燃えること。



そして命は繋がり、次の世代でまた火が灯る。





そんなことを思いながら、展示を企画。



洋風の赤レンガに掛かる、和の空間をイメージして、掛け軸仕立てに。

これは賛否両論あった。



時間帯で光が変化し、暗がりで見ても赤が浮き出るように。



赤が内包する、手触りのようなもの。オノマトペを表現したかった。


この掛け軸のカットに全てを込めた。



花は枯れ

葉が生を営み

一度潜っては

つぼみがいっせいに

地の輪郭を突き破る




限られた刻の中で

燃えるように

たぎるように

命を燃やす


枯れてゆく姿は

般若の情念をはらむ


命は燃え

土に還る

そしてまた生まれ

死んでゆく


輪廻は繰り返し

魂が這い上がる


闇に潜む

赤の遺伝子


それは生の血

永遠の赤



etarnal REDのキャプションはこうしたためた。

蕾から壊死まで。 14日間340時間の彼岸花タイムラプス映像。

逆再生するとまたイメージが変わる。

青、黒、そして今回の赤。


色の気配に迫る展示はまだまだ続けられそうだ。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

くろ

Comments


bottom of page